エンディングノートの家庭教師とは

お申し込みはコチラ

※只今訪問サービスを中止していますが、zoomでのサービスを再開しております。

詳細はこちらから↓

https://mosh.jp/uesaki/home

sponcerd ad

「エンディングノートの家庭教師」とは

終活準備には必須のアイテムであるエンディングノートを、一人では書けない方と一緒に相談しながら訪問対話形式で書き進める個別サポートのことです。

エンディングノートが書けない原因はいろいろありますが、誰かと話しながら自分の考えを整理し、そしてその場で一緒に書くことで確実に書き上げることができます。

エンディングノートには法的効力はありません。ですが、だからこそ自分の思いのまま書けるものでもあり、しっかり書くことができれば確実にあなたの人生を変える一冊になります。

 
Name
「エンディングノートってそもそもなんだろう?」

 

 
Name
「書いてみようと思ったけどやっぱり書けなかった」
 
うえさきえみ
こんな方でも大丈夫です。きっと一緒に書きあげられます。

どうか、エンディングノートとの出会いが、人生をより豊かなものにするきっかけなりますことを心から祈っています。

エンディングノートを書く6つのメリットとは?

  1. 万が一の備忘録として日常的に役立ちます
  2. 自分の人生の最期を自分で決めることができます
  3. もしものときに備えることができます
  4. 家族に負担をかけないように準備しておくことができます
  5. 過去や現在について全て棚卸しすることによって初めて、これからどうしていきたいのか、新しい人生を描くことができるようになります
  6. 亡くなった後に家族に残す大切なプレゼントとなります

・自分では書き方がよくわからない方

・そのうち書かなければと思っていたけれどなかなか書き出せないでいる方

・自分自身の老後の課題を知りたい方

・身体的に外にでることが大変なので家で教えて欲しい又は補助して欲しい方

・困ったときの解決策まで具体的に教えて欲しい方

 

お客様の声

東京都:(60代女性)

自分の親を看取ったときに大変な思いをした経験から、子供には迷惑をかけないように日ごろから書いたほうがいいなと思いながらもなかなか踏み出せずにいたので、背中を押していただけて良かったです

 


東京都:(70代女性)

家族が困らないためにどういった情報を書いておくべきかがよくわかりました。質問しながら書けるので、思っていたより大変ではなかったです。

 

 

訪問対応エリア

豊島区内のみ(近隣の他区の場合はご相談ください。池袋駅から作成場所まで60分以内であれば訪問致します)

zoomでの通信が可能な方

訪問時間 

平日 10時~12時 または 14時~16時 のいずれか ※予約制

下記申し込みサイトよりご確認下さい。

お申し込み、お問い合わせ

 

お申し込みはコチラ

 

エンディングノートの家庭教師が選ばれる5つの理由


①一人ひとりに最適なプランを立てます



多くの方が、エンディングノートを書くための目標を設けることができておらず手つかずのまま、

または、書き始めてもよくわからず空欄ばかりで本当に自分の意思が伝わるように書けているのかあいまいな状態になりがちです。

一人ひとりの抱えている課題を明確に分析し、書き上げるための計画を提案します。

いつまでにどのように書くか、一緒に目標を設定することもエンディングノートを書くためには大切なことです。


②専門の有資格者によるマンツーマン指導



エンディングノートの家庭教師で実施する指導は、1回あたり120分の時間を確保しています。

終活の専門家がマンツーマンで個別に対応しますのでご自身のペースに合わせてじっくり書くことが可能です。

セミナーではない個別の対応だからこそ、手厚いフォローで書き上げることが可能です。


③プライベートに配慮



エンディングノートの家庭教師ではプライバシーに配慮して行います。

極めてプライベートなご相談をお受けするため、ご自宅という環境で作成することで周囲を気にすることなく、

また重要な資料を家から持ち出すリスクもなく、安心して作成することが可能です。

家資格を有する講師ですので、守秘義務についても遵守致しますのでご安心ください。

(※個人情報の取り扱いについて書面にて確認致します。また、財産を開示する必要はございません)

④安心のオプションサービス

 

訪問をご依頼いただく方の中には、身体的な理由でエンディングノートを完成させることができない場合もあります。

その際は代筆サービスなどを使っていただくことにより、思いを書き記すことができます。

難聴・視力低下・四肢の障害にも対応し、一緒に作り上げることができます。


⑤充実のアフターフォロー



エンディングノートを書いた後に大切なことは、書いたら書きっぱなしではなく、きちんと活用してもらうことです。

活用してもらってこそ意味がありますので、ご家庭の状況に合わせて適切な活用方法を指導します。

また、書き終わった後にお困りごとが出てきた場合には、解決するためにはどうしたら良いのかといったご相談もお受け致します。

個別だからこそ、納得のいくまで自分の人生のあり方を考えることができます。

理解して、納得して、整理して、形に残せる。

それがエンディングノートの家庭教師の大きな魅力です。

Q&A

訪問エリアは?
訪問エリアは豊島区全域としています。
豊島区に隣接する区の方もご相談いただければ対応できる場合があります
訪問は自宅以外でも可能?
はい、可能です。自宅はちょっと……という方は
最寄りのカフェや、ホテルのラウンジなどでも大丈夫です。(※ご自身の飲食代はご負担いただきます。)
病院や施設に面会として訪問することも可能です
支払い方法は?
支払い方法は下記ネットショップサイトでお手続き下さい。
 
夫婦で書いたり、親子で書きたい場合は?
ノートは1人につき1冊必要です。
ご夫婦同時、又は親子で同時に書かれる場合のみ、ご契約いただいた訪問回数以内であれば、
プランに+5000円の追加料金で対応させていただいております
sponcerd ad

うえさきえみの紹介

理学療法士として総合病院に14年間勤務し、急性期〜在宅まで幅広く経験。

1200人以上の患者様の治療に当たる。

リハビリテーション科の課長としても多くの人材育成に携わる。

介護保険分野、地域の医療福祉に関して専門的に学び、介護支援専門員、理学療法士の上位資格である認定理学療法士(地域理学療法)を取得。

担当患者様の看取りや孤独死の問題に直面し「終活」に強い関心を持つ。

終活およびファイナンシャルプランナーの資格を取得。

豊島区内の施設において毎月終活セミナーやエンディングノートセミナーを開催している。

現在は介護予防に関する仕事を請負ながら、「エンディングノートの家庭教師」として豊島区で初めて自宅に訪問してエンディングノートを書き上げる訪問対話型コンサルタント事業を始める。

保有資格:
終活ライフケアプランナー
認定理学療法士(日本理学療法士協会 地域理学療法)
介護支援専門員
福祉住環境コーディネーター2級
地域包括ケアリーダー/ 介護予防推進リーダー(日本理学療法士協会)
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会 AFP

お申し込みはこちら

 

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG