樹木葬のお話(東京都内の樹木葬訪問)

最近はやりの樹木葬ですが、そもそも樹木葬の発祥はどこでしょうか。


調べてみますと、 日本で初めて樹木葬が行われたのは、1999年(平成11年)、岩手県一関市の祥雲寺(現在は知勝院)とのことです。(平成31年現在)20年前ということで、わりと前からあったのだなぁと驚きました。里山の環境の再生と自然保護の観点から、墓石に替えて樹木を植樹し墓標としたのが始まりです。


この里山型の樹木葬が話題となり全国へと広まっていきました。しだいにその土地に合わせた、公園型やガーデン型などの、樹木葬が誕生したようですね。
そして2006年には、横浜市の市営墓地であるメモリアルグリーンに公営霊園として初めての樹木葬が誕生しました。その後都立霊園では小平霊園に樹木葬が誕生したのですが、非常に倍率が高かったそうです。このころから都市部でも樹木葬というお墓の形が認知されてきたように思います。

樹木葬というのは霊園タイプと山里タイプに分かれます。直接自然に還るというイメージの強い樹木葬は、ここでいう山里タイプになります。広い土地が必要で、少々不便なのが難点です。都市型の霊園にある樹木葬は骨壺ごと埋葬されることもあるので、自然に還るというイメージの場合は注意が必要です。半面、アクセスが良く、整地され手入れもい届いているというメリットがあります。

樹木葬の場合は、合葬墓や合祀墓にする形式が多く見られます。骨壺から遺骨を取り出し、ひとつのシンボルツリーの周囲に収蔵するタイプもあります。他の人の遺骨とまとめるため費用も安く、管理料も一般的にはそれほどかかりませんが、他の方と同じお墓で眠ることに抵抗がある方には向かないかもしれません。

樹木葬は普通のお墓に比べて費用が安いです。目安としては30万~70万ほど。1人で入るのか、家族で入るのかなど条件にもよりますが、一般的なお墓の平均費用250万と比較してリーズナブルです。海洋散骨よりは費用はかかりますが、残された家族が手を合わせる場所、供養できる場所が欲しい方はお墓という形を残している樹木葬がいいかもしれません。また後継者が必要ないという点で、核家族がすすみ法要も必要ないというスタイルに時代が変わってきてるのかもしれません。

継承できなくても良いか、交通アクセスが悪くないか、生前契約の場合は、永代供養でも管理費が実際に収蔵されるまで発生することなどに注意したうえで納得して樹木葬を選ばれると良いと思います。

 

sponcerd ad
sponcerd ad

都内の樹木葬~訪問記録~

本日は牛込柳町にあります瑞光寺の牛込庭園に訪問しました。牛込柳町駅は新宿から大江戸線で二駅にあり、駅を出てすぐということで(なんと駅がお寺の土地とのこと)アクセスが良好です。都心にありながらも、美しい花に囲まれ眠ることができる牛込庭園。2000坪もある広大な敷地と安土桃山時代から受け継がれる由緒あるお寺に管理されています。都心で樹木葬が可能で、宗教不問、永代供養が可能、ペットも一緒に入れるという条件で、はじめてお墓を持つ人にもおすすめのお墓です。都心でありながら、駐車スペースが十分にあり、車での来訪にも便利です。寺院の中もバリアフリーに気を配った施設でした。日当たりも良く、都心にいながらにして窮屈さを感じない洋風の庭園は来た人の心をなごませてくれます。

 

 

 

sponcerd ad
最新情報をチェックしよう!
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG