認知症のリスクと行動習慣【学会情報】

先日参加したパシフィコ横浜での地域理学療法学術大会で行われた講演で、認知症の最新研究に関する内容がありました。

ご講演いただいたのは国立研究開発法人国立長寿医療研究センター土井 剛彦 先生です。

認知症は年齢の上昇に伴い有病率が上昇します。

平成23年時点では認知症の有病者数は462万人とのことですが、団塊の世代が75歳に達する2025年には700万人を超えます

75歳の10%に認知症があると言われているので、実際そうした人数が算出されることになるわけです。

MCIとは、軽度認知障害(Mild Cognitive Inpairment) のことを言い、認知症の前駆段階、認知症ではないが客観的認知機能低下がみられる状態を言います。

地域の高齢者の10~20%にあたるそうで、地域にお住まいの高齢者の方には潜在的にリスクがあると言っていいでしょう。

まだ正常の状態にもどれる可能性があることも特徴です。

身体活動量を高く保つことが認知機能向上や脳委縮を抑制すると言われています。

自分がMCIかどうか健康診断と同じようにチェックしていく必要性が高いですね。

sponcerd ad
sponcerd ad

運動習慣はありますか?

運動習慣とアルツハイマーの関係ですが、週に1回でも何かしらの運動をやっているとリスクが低下します。

みなさん運動習慣はありますか?ご自身で行うことはもちろん、地域のサロンに顔を出し、交流しながら運動することが脳にも身体にも心にもとっても良いのです。

地域のサロンを増やし、交流と運動の機会を増やすことも今後私がやっていきたいことの一つです。

要介護になる原因って何?

要介護になる原因としてH28年脳血管障害で要介護申請する方を認知症によって要介護申請する方が上回っているという報告があります。私が要介護申請をお願いするケースでも、認知症がかぶってきていることによる要因が多いと体感的にも感じるところであります。

認知症の検査についてですが、MMSE 、Logical memoryⅡA、言語流暢性、Rey複雑図形模写、エピソード記憶をみるための想起の評価(20分あける)などがあります。これだけの検査をすることは病院でもなかなか難しいのですが、今はタッチパネル式で簡易的に行える方法もあります。

運動習慣がなぜ認知症にいいか

運動習慣がなぜ認知症に良いのかという理由は次のようなことが挙げられます。

・運動器系⇒転倒しない とじこもらない

・神経新生⇒脳実質に直接的にいい

・循環器系⇒脳血管疾患の予防になる

なるほどですね。

認知症にいい知的行動習慣

・テレビ、ラジオ、新聞、本、雑誌、ゲーム、博物館

・ゲームやダンス、楽器の有効性

・友人とのつながりが大事

が優位に良いと言われていますので、こうした習慣を取り入れることも良さそうですね。

認知症にいい食事

認知症に良い食事は地中海式がいいと言われています。地中海式?と思われる方もいるかもしれませんが、日本なら和食で十分OKオリーブオイル、バランスよくカロリー低め、青魚、赤身肉、ビタミンE 野菜と果物がおすすめです。

認知症で低下しやすい機能3つ

エピソード記憶(体験)昨日何食べたか

⇒食べたことを忘れてる状態 認知症

2つ以上のことを同時に気を配る機能

⇒料理・車

段取りを組む(遂行機能

⇒囲碁・将棋・旅行の計画・買い物の計画

などが特徴的です。

ご家族でも、ご親戚でも、近所の方でも、こうした3つの機能に低下が見られた場合には、物忘れ外来を受診するようにおすすめします。特に車の運転は長年やってきた自信があり、生活上欠かせない場合もあるため自分から返納することがなかなか難しいものです。事故が起きる前に自主返納を促す、代替移動手段を確保するなどの提案をご家族でされるといいと思います。

まとめ

いかがでしたか?認知症の最新トピックスをまとめてみました。最近ニュースで高齢者の交通事故なども目立ちます。今後高齢化とともに飛躍的に認知症患者が増えていくことは間違いないので、認知症への理解が深まり一人一人が明日の我が事として考えていけるように周知されると良いなと思います。

 

sponcerd ad
最新情報をチェックしよう!
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG