身元保証ってどうして必要なの?

今日は身元保証についてです。

日本にいる限りは、この保証人という問題がついてまわります。

家を借りるのにも、入院するのにも、介護施設に入るためにも保証人が必要です。

しかし、身元保証を立てられない人がいます。それはどんな人でしょうか。。

主にお一人さまです。他にはともにご高齢の夫婦だけの世帯であったり、子供が遠方にいて支援できない場合などにも起こり得る話です。

そんな人達はいったいどうしたらいいのでしょうか。

そういった場合は身元保証をしてくれる機関を頼ります。しかしその場合には保証を受けるために審査がある場合がほとんどです。全員が全員、保証してくれるとは限らないわけです。

病院は基本的に保証人が必要ですが、万が一保証人をたてられなくても緊急の場合は受け入れざるを得ません。なので支払をとりっぱぐれることも多々あります。病院としては困りますよね・・・

では介護施設はどうでしょうか。やはり大抵の場合保証人が2人必要です。配偶者が高齢だと保証の役割を果たせないことがあります。もしかすると配偶者が自分より先に死ぬ場合もあるからです。

かといって、保証人たてなくてもいいといって入れる介護施設はどうでしょうか。これもまた心配ですよね。万が一のときはいったいどうするつもりなんでしょうか。施設は保証人にはなってくれません。

こんなふうに、身元保証ひとつとってもいろいろなケースが考えられます。

みなさんは入院するときに保証人を2人立てられるでしょうか。もし、立てられなければどうするべきか前もって準備するように考えておかないとなりません。

お読みいただきありがとうございました。

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG