人生会議(アドバンス・ケア・プランニングACPのこと知ってますか?

「人生会議」って聞いたことありますか?

もともとACP(Advance Care Planning)と呼ばれていて、厚生労働省が平成30年11月に公募で決めた名前が「人生会議」です。

ACPより、人生会議のほうが何をするのかイメージがしやすいですよね。

なんか人生について決めるのかなぁって、すぐ分かります。

ここ半年で一気に広まったのも、このネーミングの変更やもしバナカードなどのゲームツールの普及によるところが大きいのかもしれません。

厚生労働省の資料によると

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。命の危険が迫った状態になると、
約70%の方が医療・ケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることが出来なくなると言われています。

自らが希望する医療・ケアを受けるために、
大切にしていることや望んでいること、どこで、どのような医療・ケアを望むかを
自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、共有することが重要です。

自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え、
医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取組を「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼びます。

 

人生会議(ACP)では、患者さん本人と家族が医療者や介護提供者などと一緒に、現在の病気だけでなく、意思決定能力が低下する場合に備えて、あらかじめ、終末期を含めた今後の医療や介護について話し合ったり、意思決定が出来なくなったときに備えて、本人に代わって意思決定をする人を決めておくために話し合います。

話し合った内容は、その都度、文書として残しておきます。

リビング・ウィルや事前指示書と、アドバンスケアプランニングにより作成される文書は違います。

アドバンス・ケア・プランニングにより作成される文書は、本人、家族、医療者等と話し合う結果作成される書類であり、入院している医療施設や介護施設にとっての事前指示書に該当します。 当然のことながら、患者本人がお持ちのリビング・ウィルをこの文書の内容の中に入れることができるので、もし作成したリビング・ウィルがあれば施設側に提出していただきます。

法律で定められているわけではありませんが、アドバンス・ケア・プランニングの過程において作られた書類は、当該の医療・介護施設に対しては、リビング・ウィルや事前指示書としての効力を発揮し、本人の意思は十分尊重されるようになりました。

つまり、裏を返せば医療者側が、このガイドラインに沿って、本人の意思にしたがって終末期医療に対応する分には、たとえ法律はなくても、問題はおきないともいえます。

要するに十分に本人・家族・医療施設で十分に話合われて合意できていることに関しては、本人の思いが尊重できるようになってきているので、とっても大事!ということですね。

この人生会議をもっと気楽に、もっと早いうちから考えようという大きな流れができているように感じます。

もしバナカードをはじめとするワークショップを地域で行われているケースも増えていますよね。リビングウィルって本当に奥が深いですよね。まずはゲームで価値観にふれるだけでも十分ですが、胃ろうとか、透析とか、人工呼吸器とか、健康な人にとっては知らない知識については医療従事者がしっかり説明できるようにする必要があると感じています。けっこう事例によってケースバイケースだということもあるし、一概に言えないのがまた悩ましい。

まずは医療従事者側が正しく認識を持ち、患者さんやご家族の意思決定を尊重できるようにしないといけないなと思いました。

 

 

 

 

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG