もしものときのデジタル終活のすすめ

みなさんは、家族にスマホやパソコンを見られたら困りますか?

生きている間はもちろん、死んだあとに見られるのは怖いですよね。

弁解もできませんから(笑)

内容次第ではあなたという人間の評価が死んだとき変わってしまうかもしれません。

私が終活を教えているというと最近話題に上がるのが、このデジタル終活です。

みんな見られたくないものが沢山あるようです。

普段ロックのかかっているスマホやパソコンには、自分でも把握できないほどの大量の個人的情報が入っています。

普段ロックかかっているからこそ、油断しがちですよね。

スマホは暗証番号がわからなくなると全く開けない可能性が高いです。

反対にパソコンは業者に頼めば開けられてしまいます。

遺族が故人のパソコンをみるときはいったいどんなときでしょうか。

もちろん故人を偲んでという場合もあるとは思いますが……

まず、第一に見られる可能性が高いのは葬儀の連絡をとるときに知り合いの連絡先を探している場合、それから遺影に使える写真がない場合です。

たぶん真っ先に開こうとするのはスマホですね。

スマホが開かなかったら……パソコンですね。

このように、遺族が必要に迫られて開ける場合があります。

次に、相続の財産を調べるため、ネットバンキング、ネット証券の中身をみるときでしょうか。このようなネット系のサービスは埋もれがちで、相続のときに発見されなければ後々またもめるかもしれません。

また、見逃しがちな、細かいネットの会員情報なんかも死後に解約しないといけないので一覧にしておくと良いと思います。

我が家もHuluとかAmazonプライムとかいろいろ入ってます。利用している方も結構多いんじゃないでしょうか。

このように、情報社会となった現代ではデジタル終活が欠かせません。

もし、今死んだときに見られてこまると思ったなら、すぐにでも見られたくないものの整理をしたほうがいいでしょう。

「僕が死んだら……」「死後の世界」といった自動削除機能のついたフリーソフトもあるので、検討されてみてるといいかもしれませんね。

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG