もしものときの防災準備どうしてますか?

最近は災害も多く、全国各地で被害が報告されています。先日の台風でも、今まで災害がないと信じていた地域にも大きな被害が出ましたし、スーパーの棚から商品がなくなる様子を見て、普段から準備しておこうという意識がかなり高まっていることがわかります。

私の住む豊島区でも朝の9時頃に警報が鳴り、避難しようか、どうしようかとても悩みました。まさか家は大丈夫だろう、そう思ってしばらくすると、雨風がひどくなりすでに避難するには困難な状態になりました。

何もなければそれでいい、そういったつもりで避難の練習をしておくべきだったのかもしれません。ですが我が家には小さい子どもがおり、大人だけの避難とは違っていろいろ準備が必要です。では何を準備しておけばよかったのか・・・

先日としま防災フェスに参加して、いろいろ資料をいただいたので必要なところをまとめてみようと思います。

非常時にまず持ち出すもの一覧

□財布□貴重品□メガネ□常備薬□お薬手帳□携帯電話

普段から非常用持ち出し袋に入れておくもの

□非常食□懐中電灯□電池□携帯ラジオ□電池□マスク□ヘルメット・防災ずきん□軍手□衣類・下着□使い捨てカイロ□防寒着・雨がっぱ□家の合鍵・車の合鍵□ペットボトルの水500ml×2□毛布・タオル・洗面用具□医療品□筆記用具□サバイバルシート□ウエットティッシュ□携帯の充電器□モバイルバッテリー□その他 おむつや生理用品など

家を出るときは鍵を閉め、ブレーカーとガスの元栓を閉めましょう

 

備蓄しておくもの一覧

避難所から一時的に自宅に戻れた場合に避難所で使用する、または自宅で過ごすための備蓄品

□飲料水 一人3L×家族の人数×3日分 □食品(レトルト、缶づめなど3日分)□食器(プラスチック)□ラップ・アルミホイル□ナイフ・缶切り・栓抜き□カセットコンロ・ボンベ□梱包用の紐・風呂敷□ポリタンク15〜20L □はさみ、カッター□着替え(衣類・下着)□洗面・風呂セット□おおきめのレジ袋・ゴミ袋□新聞紙□トイレットペーパー・ティッシュペーパー□ろうそく・マッチ・ライター□アウトドアグッズ(簡易テント・寝袋・ランプなど)

防災資材として

□ハンマー・スコップ□ヘッドライト付きライト□のこぎり・バール・ジャッキ・斧□ロープ・はしご□消化器

阪神・淡路大震災では、要救助者の約7割が近隣住民によって助けられています。いざというときのために、人命救助にいつながる防災資材についても考えておきたいですね。

災害用伝言掲示板

災害用の伝言掲示板は 171にダイヤル 録音は1 再生は2 電話番号をダイヤルし録音または再生

※web171 もあります

相談窓口について (H29年4月時点の情報です)

病気や怪我の緊急度や応急手当について直接看護師に相談したい場合の相談窓口

東京消防庁救急相談センター ♯7119 (24時間年中無休)

東京都福祉保健局 小児救急相談室 ♯8000

医療機関情報を知りたい場合の窓口

医療機関を探す場合は 東京都医療機関案内サービス 03−5272−0303(24時間)

まとめ

いかがでしたか?ひとまず持ち物や備蓄、災害用伝言ダイヤルと怪我をしたときの相談窓口についてまとめてみました。こうやって書き出してみると、こんなに必要なのかと準備不足が否めません・・・。我が家でもひとつづつチェックしていきたいと思います。

エンディングノートではもしものときのことも書いておきますので、お持ちのノートに災害用の欄がなければ(ない場合が多いです)フリースペースに災害時のことを書いておくと安心かなと思います。これを機会に、もしものときのことを書いて、家族で共有してみましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
>マイライフノートの家庭教師

マイライフノートの家庭教師

マイライフノートはこれからの人生の目標を見つけることができる新しいタイプのエンディングノートです。 お身体が不自由な方、書く際にサポートが必要な方についても長年理学療法士として働いた経験がありますので、ご心配なくご依頼いただけます。一緒にこれからの目標を見つけるお手伝いができれば幸いです。

CTR IMG