高齢者の交通事故はなぜ起こるのか

車好きの息子と東京モーターショーに行ってきました。モーターショーは最新技術を搭載した新型の車がズラリ。自動運転技術ももう実用化が目の前ですよね。高齢化社会となった現代においては自動運転技術はまさに頼みの綱です。

さて最近報道で耳にする高齢者の交通事故。豊島区ではサンシャインの裏で痛ましい死亡事故が(署名騒動になってるやつですね)、こないだもサンシャイン通りのロッテリアの前の交差点でも事故もありました。私もよく通る場所なので怖いです。しかも高速でつっこんでくるので避けようがありませんよね…

高齢化のすすむ日本では現在すに約4人に1人が高齢者、さらに人口がへるとさらに割合が引き上がります。

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば,今後,高齢化率は,総人口が減少する中で高齢者人口が増加することにより引き続き上昇し,2036年には,33.3%と3人に1人となり,2042年以降高齢者人口が減少に転じた後も上昇を続け,2065年には38.4%に達すると推計されています。

平成28年末の運転免許保有者数は約8,221万人で,27年末に比べ約6万人(0.1%)増加しています。このうち,75歳以上の免許保有者数は約513万人(75歳以上の人口の約3人に1人) で,27年末に比べ約35万人(7.3%)増加し,今後も増加すると推計されているそうです。

75歳以上の免許人口は増えているんですね。

高齢者は加齢により,動体視力が低下したり、複数の情報を同時に処理することが苦手になったり,注意の分散や判断力の低下により、ハンドルやブレーキ操作に遅れが出ることがあるそうです。

また逆走事故も報道されていますが、加齢に伴う認知機能の低下も重要な問題です。

警察庁によれば,平成28年に運転免許証の更新の際に認知機能検査を受けた75歳以上の高齢者約166万人のうち約5.1万人は認知機能が低下し認知症の恐れがある第1分類と判定されているとのこと。

今大丈夫でも、何年かしたときにも大丈夫という保証はありません。現に、病院から退院するときに、帰ったら車運転すると言っている方がいますが、危ないんじゃないのと思うケースは多いです。我々医療者は、本人を説得できない場合は家族に危険性を伝えるか、運転試験場でテストしてもらって下さいとしか言えません。

実際に忠告を守って運転試験場にまで行く人はあまりいなさそうですが…

75歳以上の運転者の死亡事故件数は,75歳未満の運転者と比較して,免許人口10万人当たりの件数が2倍以上多く発生しているのも事実のようです。

  • 視力の低下に伴って判断に適切さを欠くようになること
  • 反射神経が鈍くなること
  • 長時間にわたる運転継続が難しくなったりすること
  • 自分本位になりやすく、交通環境を客観的に把握することが難しくなること

などが挙げられており,これらの要因で75歳以上の運転者が死亡事故を起こしやすいと考えられています。

また,75歳以上の運転者による死亡事故について,件数自体は10年間ほぼ横ばいで推移しているものの,死亡事故件数全体が減少しているので、結果的には全体に対する構成比は上昇傾向にあることになり、平成28年は全体の13.5%を占めます。

また,高齢運転者による交通死亡事故の要因をみると,ハンドル等の操作不適による事故が最も多く,次いで前方不注意となっています。ハンドル等の操作不適による事故のうちブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故は,75歳未満では死亡事故全体の0.7%に過ぎないのに対し,75歳以上では5.9%と高い割合を示しています。

 

ブレーキとアクセルの踏み間違え事故多いですよね…

もちろん統計上このような重大事故を起こす可能性は懸念されますが、生活上運転を頼める子供が近くにいない場合は、田舎であれば自分で運転する必要がある方も多いでしょう。

やはり、早急に自動運転技術がすすみ、高齢者が安全に移動できる手段が整備されることを期待します。

ちなみに、高齢者だけでなく、私のようなペーパードライバーも交通事故には注意が必要です(汗)

ちなみらに私は田舎に帰省したときしか走れません。

自分自身のリスクを自覚し日々注意を怠らないようにしたいですね!

最新情報をチェックしよう!
>マイライフノートの家庭教師

マイライフノートの家庭教師

マイライフノートはこれからの人生の目標を見つけることができる新しいタイプのエンディングノートです。 お身体が不自由な方、書く際にサポートが必要な方についても長年理学療法士として働いた経験がありますので、ご心配なくご依頼いただけます。一緒にこれからの目標を見つけるお手伝いができれば幸いです。

CTR IMG