いざというときに困らない焼香のマナーについて

いざというとき、焼香のやり方が分からなかったり、忘れてしまったりすることはありませんか?

焼香のマナーは、伺うお家の宗派などによっても異なりますし、自分の番になったらどうしようと不安になりますよね。

そんな方に、事前にお焼香のやり方を頭に入れていただくための情報をわかりやすくまとめました。

sponcerd ad

いざというときに困らない焼香のマナーについて

焼香とは

焼香とは、仏や死者に向けて香を焚いて拝むことです。

心と身体の穢れを取り除き、清浄な心でお参りするための作法となります。

一般的には左手に数珠を持ち、右手で焼香を行います。

右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香(まっこう)をつまみ、目の高さまで持ち上げます。(浄土真宗以外)

そして指をこすりながら香炉の中に落とします。これを1~3回行います。(押いだく回数は宗派による)

※焼香回数やおしいだくかどうかはまずは自分の宗派を確認して、相手の宗派に合わせるかどうかは本人次第のようです。

焼香には「立礼焼香(りつれいしょうこう)」「座礼焼香(ざれいしょうこう)」「回し焼香(まわししょうこう)」の3種類があります。

これはなぜ3種類もあるのかというと、葬儀式場の規模や様式によるものだそうです。

今は自宅での葬儀は少なくなり、立礼焼香が多いので、この立礼焼香は頭に入れておきましょう。

どんな場合にも対応できるように一応、座礼焼香と回し焼香についても知っておきましょう。

立礼焼香

立礼焼香は、椅子席の式場で行われることが多いです。

①数珠は左手に持ち、房の部分が下に来るようにしておきます。

②焼香台 に進む前に、遺族・僧侶に一礼してから焼香台の方に静かにすすみます。

(数珠は、仏教徒以外は不要です。原則として数珠を持つ時は常に左手に持 ちましょう)

③焼香台の3~4歩前で止まり、遺影と仮位牌を見つめて から、台の一歩手前まで進みます。

④ここで一度合掌します。

⑤焼香台にある右側にある粉末状の抹香を、右手の親指・人さし指・中 指、の三本の指でつまみ、気持ち頭を垂れるようにしたまま目を閉じながら額のあた りの高さまで捧げます。

⑥額までかかげた手をおろしながら、抹香を静かに左側の香炉の中に落と します。 これを1~3回繰り返します。 (この焼香の回数やおしいだくかどうかは宗派によって異なります。自分の宗派を確認してみてください。)

⑦焼香が済んだら、もう一度合掌します。
次に、遺影の方を 向いたまま3歩下がり、僧侶・遺族に一礼をし、くるりと向 きを変えて自分の席に戻ります。

これが立礼焼香です。

次に座礼焼香について解説します

座礼焼香

座礼焼香は、少なくなりましたが、自宅や畳敷きの式場で行われることが多いです。

基本的な順序は立礼焼香と同じですが、ががみながら移動をし、焼香の際は正座します。

①焼香の順番が来たら前に進み、焼香台の手前で座って、遺族に一礼します。

②仏壇の遺影に向かって一礼します。

③その後、立ち上がらずに膝で焼香台まで寄り合掌します。

④抹香をつまみ香炉の中に落とします。1〜3回繰り返します(宗派による違いは下の表を参考にしてください)

⑤焼香が済んだら再度合掌をします。

⑥仏壇前から下がり、遺族に一礼してから立ち上がって戻ります。

座礼焼香の特徴である、膝行・膝退による移動のコツは、親指を立ててそれ以外の指は握ります。
両腕を体の両脇より前に置き、体を持ち上げるようにしながら膝を前に出して移動してみましょう。

回し焼香

回し焼香は、会場が狭い場合に行われることがあります。回し焼香の作法はなかなか戸惑う方が多いのではないでしょうか。

回し香炉のやり方は焼香炉を回し、受け取った焼香炉を自分の前に置き、焼香が終わったら隣の人に回します。

①香炉が回ってきたら、軽く礼をして受け取ります。

②香炉を自分の前に置き、仏壇に向かって合掌します。

③宗派ごとの作法に従って、抹香をつまみます。1~3回繰り返します。

④合掌してから一礼します。

⑤次の人に香炉を回します。

※椅子席の場合は自分の膝の上にのせて行います。

相手に合わせる必要はありませんが、焼香の回数、おしいだくかどうかの参考に

日蓮宗 おしいただき、1回(または3回)行う。
日蓮正宗 おしいただき、3回(または1回)行う。
臨済宗 おしいただき、1回行う。※おしいただなくても良い
浄土真宗 おしいただかず、1回行う。
曹洞宗 2回行うが、1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない。
浄土宗 回数の定めは特になし。
天台宗 回数や作法の定めは特になし。おしいただくかどうかも自由。
真言宗 おしいただき、3回行う。

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は何をかけたらいいのか経験がない方は迷われるかたもいると思います。

気をつけたいのが、お悔やみの言葉として不適切な言葉があります。

「重ね重ね」など不幸が重なることを連想させる言葉、「死亡」「急死」など直接的な言葉は使わないように注意しましょう。

忌み言葉と言われる、不幸が重なることを連想させる言葉は避けましょう。

例)「重ね重ね」「たびたび」「引き続き」など

直接的な死の表現の言葉は言い換えをしましょう。

「死亡」「死去」「死ぬ」「亡くなる」⇒「ご逝去」「他界される」
「急死」「事故死」⇒「急なことで」「突然のご不幸」
「生きる」「生存中」⇒「ご生前」「お元気なころ」

遺族にかける言葉として一番無難なのは「この度は心よりお悔やみ申し上げます」でしょう。

ご冥福をお祈りしますは亡くなった本人に対して使用する言葉なのでご遺族に対しては使いませんので注意!

弔電を送る場合には「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」、「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」としましょう。

お葬式に必要な持ち物

忘れものはないでしょうか?

今一度持ち物を確認して下さい。

用意するのは喪服一式、お香典、香典袋、袱紗、数珠です。

香典の際はピン札を用いない

香典を用意する場合はピン札を避けてください。なぜなら、ピン札は「あらかじめ用意しておくもの」であるからです。

事前に用意していた=お葬式を待っていた、ということになりかねません。できれば手持ちのお札を使いましょう。

急な喪服をお探しの方は楽天のあす楽でなんとか調達して下さい。

【試着チケ対象】 日本製生地 喪服 レディース セット 洗える 選べる デザイン スーツ 2点セット ワンピーススーツ 喪服 礼服 ブラックフォーマル 葬式 フォーマル 女性 30代 40代 50代 法事 黒 ロング ブラックフォーマル ロング丈 大きいサイズ 【i】 送料無料

価格:8,490円
(2020/1/13 23:45時点)
感想(3043件)

弔問のマナー

弔問とは、お通夜やお葬式に行くことができなかったときに、亡くなった方の自宅に行きお悔やみを述べることをいいます。

もし弔問に伺う場合は、お葬式が終わって数日後から49日までとしましょう。

お葬式終了後数日たってから弔問に伺うのには理由があります。

それはお葬式を終えたばかりの遺族は心身共に疲れてしまっているからです。

49日以内ですと、ご遺族は弔問にきてくれる方がいるかもしれないと考えながら準備を整えてくれています。

これが49日を過ぎてしまうと、弔問客を招く準備を改めておこなうことになるためご遺族に迷惑がかかるかもしれませんね。

ただし、この期間内に弔問に伺う場合でも、必ず事前にご遺族のご都合を確認したうえで訪問するようにしましょう。

sponcerd ad

まとめ

焼香のマナーを中心にお伝えしました。

核家族化がすすみ、葬儀に参列した経験のない方も多いことと思います。

失礼のないように、基本的なマナーを身につけたいですね。

お読みいただきありがとうございました。

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG