【フレイルとは】フレイルトレーナーが説明します

みなさんはフレイルという言葉を聞いたことがありますか?

日本語で「虚弱」という意味で、英語で「Frailty(フレイルティ)」が語源となっています。

これだけだと何を意味しているのか分かりませんよね。

少し難しい言葉で書かれていますが、フレイルの定義はこのようなっています。

sponcerd ad

フレイルの定義とは

フレイルの定義

「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」
※厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業) 総括研究報告書 後期高齢者の保健事業のあり方に関する研究
研究代表者 鈴木隆雄氏 の報告書より引用

Frailtyは高齢期に生理的予備能が低下することでストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態を言う。Frailtyの日本語訳にはこれまで「虚弱」が用いられていたが、 「虚弱」は包含される可逆的な状態の表現に十分でないことから、日本老年学会は日本語訳を「フレイル」とした(平成26年5月)

つまり、フレイルは健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味します。

また、適切な介入でもとにもどる可能性があることも特徴です。

フレイルとはどんな状態か

とはいっても、フレイルは具体的にどんな状態かイメージできない方もいると思いますのでご紹介します。

日本では、数種類のフレイル指標を用いることがあります。(J-CHS基準、簡易フレイル(FRAIL)質問票スクリーニングなど)

主に使われているFriedらの評価基準を見てみたいと思います。

Friedらの評価基準には 5つの項目があります

  1. 6ヶ月で2キロ以上の体重減少がありましたか?
  2. ここ2週間、わけもなく疲れたような感じがする に「はい」と回答
  3. 筋力(握力)の低下 男性26キロ未満 女性17キロ未満
  4. 通常歩行速度以下 性別・身長問わず 1.0m/秒 未満
  5. 軽い運動、体操をしていますか?定期的な運動、スポーツをしていますか?の問いのいずれにも「していない」と回答3項目以上該当するとフレイル、1または2項目だけの場合にはフレイルの前段階であるプレフレイルと診断されます。

フレイルの原因

フレイルは、主に身体的・精神的・社会的問題が合わさって起こります。

  • 身体的な問題
    加齢などにより運動機能が低下して起こる身体的な問題です。
    筋量の減少、食欲不振、低栄養、嚥下機能の低下、活動量の低下、サルコペニアなどが影響しています。
  • 精神的な問題
    記憶力や判断力の低下により起こる問題です。
    うつや物忘れ、軽度の認知障害、認知症などが影響しています。
  • 社会的な問題
    外出や外部との交流が減少することにより起こる問題です。
    周囲のサポートがない孤立した状態や、外出の頻度の減少、閉じこもりなどが影響しています。

フレイルを予防・改善するにはどうしたらいいのか

フレイルは、身体的・精神的・社会的な多側面に総合的に働きかける必要があるとされています。

フレイル予防のために大切な3本柱は運動栄養」「社会参加です。

この3つは相互に影響しあっています。最近の研究で、特に「社会参加の機会が低下すること」がフレイルの最初の入り口になりやすいことが分かってきています。

これはフレイルドミノといって、最初に社会的な交流の低下から、徐々に精神的、身体的な低下がおこるという考え方になります。

特にお一人様の高齢者の増加から、孤食の問題は深刻です。

では、予防や改善のために具体的に何をすれば良いのでしょうか。

栄養


バランスのよい食事を心がけ、みんなで楽しく食事をしましょう。
1日に必要な蛋白質量は体重あたり1グラム、すでにフレイル状態である方はもっととれると良いとされています。
タンパク質を一回の食事で摂取するのは困難ですから、小分けに分けて摂取するよう心がけましょう。
※病気によっては医師との相談が必要です

運動


日常的な運動習慣(週2回以上)、いつもより10分多く体を動かすことを心がけましょう。
階段を積極的に使う、坂道を上るなども良いです。筋トレはスクワットなど負荷のかかった上下運動が良いとされています
※痛みなどある場合には専門家にご相談ください
一人でもくもくとやるのではなく、なるべくみんなで楽しくできるプログラムに参加してみると良いでしょう。

社会参加

趣味やボランティア、就労など自分に合った方法で社会参加をすることが有効です。
地域の活動に興味を持ち、参加してみることからはじめましょう。

sponcerd ad

まとめ

いかがでしたか?

スクリーニングで自分がフレイルかも、と思った方は今すぐ予防策・改善策を心がけるようにしましょう。

すでにフレイル状態になってしまっていると思われるご家族がいる場合には、お住いの自治体にお問い合わせいただき、専門家によるアドバイスなどを受けられるか聞いてみるのも良いでしょう。

現在、東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授によって、フレイルチェックプログラムが開発されました。

このフレイルチェックは全国の自治体(2020年1月現在68自治体)が要介護リスクのある方に自分でそのリスクに気づいてもらう活動を実施していますので、対象者は是非参加されてみてはいかがでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

sponcerd ad
最新情報をチェックしよう!
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG