終活とは何か?終活はいつからはじめるべき?【終活の始め方】

終活とはいったい何のこと?

いつから終活を始めたらいいのかしら?

そんな疑問をお持ちの方にお読みいただきたい内容です。

1分で読み終わります。

sponcerd ad

終活とは何か?終活はいつからはじめるべき?

終活とは

終活とは、2009年に週間朝日で使われた「造語」です。

決まった定義はないのですが、概ねこんな意味であるとされています。

終活は、「死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備」のことを言います。
これまでは、死んだ後のことを話題にするのは縁起でもないと敬遠されてきました。
しかし、2010年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされたことをきっかけに、「終活」という言葉が世間一般に広く知られ、人々の関心が高まるようになりました。
現在では、死後の事前準備だけでなく、「人生の終焉について考えることによって、今をより良く生きるための活動」というポジティブな意味で捉えられてきています

具体的には

  • エンディングノートを書く
  • 生前整理をする
  • 葬儀やお墓の準備をする
  • 相続でもめないように遺言書や信託で備える

などがあげられます。

そして、今をより良く生きるためにも、健康寿命の延伸や適切な医療機関の選択、もしものときの命の選択を考えることも重要です。

終活はいつからはじめる?

終活のはじめどきは、年齢ではありません。

終活という言葉が気になったときです。

親が亡くなった後の手続きがこんなに大変だなんて……自分の子供には迷惑をかけたくないわ
家族に見送ってもらえればそれでいいわ

親を看取ったり、親しい人がなくなったりしたときに、ふと自分の最期を考える人も多いと思います。

そんなときに、終活を我が事として感じることがあれば、そのときがはじめどき。

考えたくないときに無理に始めるものではないので、無理せずそのときを待ってみるのも一つです。

しかし終活にはタイムリミットがあります

「認知症」です。

認知症はいつの間にか、あなたの判断力を奪うかもしれません。認知症は誰にでも発症する可能性があります。

もし認知症が進んで正常に判断ができない状態になったり、要介護状態になるとあなたの意思を残せない可能性があります。

それは法的な書類(遺言書)においても有効力がなくなるばかりか、生前整理や葬儀・お墓の準備といった実際の終活の行動自体も難しくなることでしょう。

自分の身体が元気で、かつ自分の意思がはっきりしているうちに、自分で決められることは決めておく必要があります。

もし自分で決められない場合は、自分の気持ちを家族に伝えたり、エンディングノートに書いておくことも有効です。

sponcerd ad

まとめ

終活は子供がいなかったり、子供や親戚を頼ることが難しく、人生の最期を自分で準備する必要がある人が増えてきたために広がってきた背景があります。

家族がいないひとは自分の最期をどう準備するのか、家族がいる人は自分の最期を頼む人にどうしたら迷惑をかけないかを考える必要があります。

人生はひとそれぞれ。終活もひとそれぞれ。

自分の人生の最期に向けて、何を準備する必要があるのか考えるだけでも一苦労します。

いつから始める?と構えず、終活ってなんだろうと気になったときから少しずつ自分の身の回りの整理や気持ちの整理をしていくようなつもりではじめられると良いと思います。

もし始め方がわからない場合はエンディングノートを書いて気持ちを整理してみるのもいいですね。

お読みいただきありがとうございました。

sponcerd ad
>はじめての終活講座

はじめての終活講座

「そろそろ終活を考えたい」と思ったあなたが、 はじめの第一歩を踏み出すための終活講座です。 エンディングノートの書き方を学びながら、 ご自身の終活について考えてみましょう。 受講後には、そんな「家族に迷惑をかけない終活」や 「自分らしい意思決定」について理解できるようになります。

CTR IMG